ワクチン予約の世代間

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

新型コロナワクチンの予約で電話がつながりにくくなるため、NTTやドコモなどの携帯会社が、自治体への電話が集中した場合、消防や警察への電話がつながらなくなるのを防ぐため制限する対応をとっています。

今はまだ、いわゆる後期高齢の方がワクチン予約の対象者でしょうか。私もご高齢の人との連絡は対面や電話による方が多いです、いえ、ほとんどです。

お仕事でパソコンを使っていたことがある人なら、今回もネットでの予約もできますが(つながりにくいようですが)、高齢のご夫婦二人暮らしや一人で暮らしている方が「パソコン」や「スマホ」を使いこなすのは大変です。

お子さんが近くにいれば、使い方を教えてもらえますがそういう方ばかりではありません…それに1回聞いただけではスマホは使いこなせません!(私がそうなんだから)

私は、2年ごとにスマホ本体を買い替えると支払う料金が安くなる契約をしていますが、切り替えの時のデータ移行を自分でするなんて酷です。だから「㈱PCデポ」の「すべてのお宅にデジタル担当を」の文言に惹かれてしまうのです。(#^^#)

ワクチン予約が若い世代の時は、逆に電話で予約する人は激減しますよね。むしろ電話が苦手という人が多いような気がします。

新型コロナに対して、ワクチン頼みの今。予約だけで、接種はまだ先ですが、やっとここまできたか…ですかね。

高齢の「おひとり様」のGW

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

タイトルは高齢の「おひとり様」のGWと書きましたが、コロナで多くの人が家で自粛しているGWとなっているので、いつもとは異なります。ただ、気になっている事があったので書くことにしました。

毎日のように、駅に入る外の階段に座っている高齢の男性の集まり。午前中から午後にかけて、時々会話をするけど、どちらかと言えば黙っているので、人間観察をされているようにも見えます。

高齢になると、当然働いている時より自分のために使える時間は増えるわけです。その時間をどのように過ごすのか。何もすることがないのでは、恐ろしく時間がありすぎます。かと言ってひとりで家の中で過ごすのも気分が沈んでしまいそうです。

もちろん買い物に行ったり、習い事や趣味で(この人たちの趣味が人間観察でしたらごめんなさい)スケジュール帳がびっしりの人もいます。

今は自粛で若い人や高齢の人も「コロナうつ」という状態になっている人もいます。自粛しているわけではないのに、することがなくてひとりで家にいるのも同様で精神的によくはありません。

とは言っても毎日のように人間観察するのは面白いのかしら(私は趣味がなく、何かにハマったこともほとんどないので、このような感想になってしまいました。私の老後が心配です)

気分転換しましょう、面白そうなことを見つけましょう…といってもこれほど長期の自粛に加えて感染者が増加している今、これを書いている私の方がしらけてしまいます。

タイトルについて話しを戻すと、このGW期間、といっても私も毎日駅に行っているわけではありませんが、この人たちを見かけないのです。自粛されているのか、はたまたGWではしゃいでる人間の姿には興味がないのか…。もしかすると、この人たちから「あの人(私)毎日のように駅の周りにいるけどやることないのかな」」と思われているかもしれません。

葬儀社見学と互助会

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

前回のブログに、3月22日に東京が緊急事態宣言が解除されたと書きましたが、今回は4/25~5/11迄、東京が3回目の緊急事態宣言が出されたと書くことになりました。大阪・兵庫・京都と4都府県もですが、それ以外のところでも感染者数の過去最多を更新しているところがかなり多くあります。(個人的備忘録)

話しをタイトルの内容に戻すと「稲毛美浜楽生会」のみなさんで近くの葬儀社へ行ってきました。その日は、その葬儀社でイベントを行っていてその一環で「終活セミナー」もありました。内容は、私が前の週に「稲毛美浜楽生会」でお話しした「お葬式について」とほとんど重複してましたので、みなさんも復習できたと思います。

セミナー後、会館の中を案内していただき葬儀社の雰囲気はわかりました。しかしその後の椅子に座っての個別説明で内容は一転「互助会への勧め」に変わってしまいました。

実は「稲毛美浜楽生会」の勉強会で、消費者センターに入った「互助会について」のクレーム…例えば「葬儀費用をこんなに追加で出さなくてはいけなかったのか」「退会しようとしたら退会費用がとても高い」などを紹介し「互助会に入会する時には、きちんと内容が分かってからでないとこのようなことになりますよ」と伝えていました。

案内していただいた方は、1つのデメリット(いやデメリットというくくりにはならない内容)と多くのメリットのお話しで、互助会の詳しい説明はなく「入会しておけば残される人が楽になります…だから入会は今です。家族葬以外の葬儀についてですか?とにかく家族葬以外の葬儀も互助会へ入れば安くなります」というようなことだったので、むしろ怖くて入れませんでした。私達の目的がそもそも違っていたのですから、ある意味その人には時間をとらせてしまって申し訳なかったかもしれません。

ただ参加したみなさんも「この場にいるのが怖い」というオーラが出ていました。

後日、その葬儀社の別の方から電話がありましたので、その時のことを話し、もう少し家族葬以外の料金やその内容について知りたかったとお伝えしました。電話をくださった人は理解を示して頂けたのと、この葬儀社は駅から近く、会館の雰囲気はとてもよかったので、また見学に行ってこようと思います。

何をするにもタイミングは大事です。しかし多少の知識がないと後で困ることになることもあります。一緒に勉強や終活をしたい方は「いそがい行政書士事務所」までご連絡下さいね。

「遺言の書き方教室」「お葬式について」セミナー情報

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

緊急事態宣言が解除されて大阪では1カ月半後に感染者が1000人を超えてしまいました★東京都も3月22日に緊急事態宣言が解除されましたが、4月12日には「蔓延防止等重点措置」が適用されるほど、感染者が増加しています。感染しやすい変異型のせいですが、ここ千葉県も20日~「蔓防」の適用になるようです。

このような時ですから、ご自分の人生について考え、決めていくといいと思います。こじつけかもしれませんが、家にいてテレビを見ているより、ずっと気分がスッキリします。

「やさしい遺言の書き方教室」はお陰様で好評のうちに終わりました。しかしこんなに好評ならと…6月から月一開催を考えてます(#^^#)日にちが決まりましたらお伝えします。

「お葬式について」は、今月16日(明日)の稲毛美浜楽生会(高洲コミュニティセンター、11時~)でお話しします。この稲毛美浜楽生会で「お葬式」について勉強した後、葬儀社への見学を予定しています。皆さんご自分の終活、きちんと取り組まれています。

この稲毛美浜楽生会も4カ月ぶりです。地域の方との『コミュニティ』があることがうれしいです。