ワニくん

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします見守り隊の礒貝です。

いつも「人は必ず死ぬんですよ」といつも言っている私も、「100日後に死ぬワニ」はとても心に響きました。

テレビやラジオ番組でも話題になっているのでご存じの方が多いとは思いますが、Twitterに、100日後に死ぬことが分かっているワニくんの日常を、1日1回、4コマ漫画でで投稿されていました。私たちと同じ、テレビを見て笑ったり、友達と遊んだりと本当にささやかで普通の生活が描かれているだけですが、当のワニくんや周りの友人もワニくんが100日後に死ぬことは知りません。ただ4コマ漫画の一番下に死ぬまでのカウントダウンがされていくのです。

一日ずつ減っていく「死」までのカウントダウンを見ると切なくなると同時にその日その日がいとおしくなってきます。わかっているのに視覚から入ると頭ではなく心に直接くるのですね。

もしワニくんが100日後に死んでしまうことがわかっていたら、どう生きるのだろう。こんなに穏やかに過ごせるのかしら。それともここから本気で生きないと、と何かを始めるのでしょうか。

私や皆さんの「100日後」はいつなのかはワニくんと同じくわかりませんが、カウントダウンは始まっています。この時間、生活をどのように生きていくのがいいのでしょうか。