「やさしい遺言の書き方教室」今月も行います!

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

今日7/19は「海の日」から「平日」となってます。間違えた人は、私の周りに一人いました。

今月の「やさしい遺言の書き方教室」も最後の週の月曜日26日に千葉駅前「リードシー千葉駅前ビル」会議室で行います。ご予約お待ちしております。(043-306-8939)暑いので熱中症には気を付けてお越し下さい。

ちなみに現在、新規の予約が停止中の千葉市の新型コロナワクチンの受付が、同じ26日から再開されます。ただし、60歳以上の方や基礎疾患がある方等が優先予約で、59歳以下は8月2日からの予約受付です。

「やさしい遺言の書き方教室」

2021/7/26 13:30~15:00 参加費 1,000円 

場所:千葉市中央区弁天1-15-3 リードシー千葉駅前ビル会議室(駅歩1分)

どこシル伝言板

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

前回名前だけ書いた「どこシル伝言板」についてです。

「どこシル伝言板」とは、あらかじめ認知症による徘徊症状がある方の衣服や持ち物などに、QRコードが印刷されたラベル・シールを貼っておきます。そして徘徊している時に、その人を発見した方が、このQRコードをスマートフォンで読み取ると、その情報が保護者の方へ瞬時にメール送信され、発見~保護~ご家族への引渡しまで、安全、安心、迅速に行うことができるサービスで、多くの行政で採用されているようです。

千葉市でこのサービスを利用したい場合、まず申請する人は、対象となる方(徘徊症状がある人)と同居または同様の状況にあり、対象となる方を常時介護している方が原則ですが、対象となる方の状況によっては、家族以外の方が利用者(申請者)となることも可能なようです。

又、千葉市では認知症に関連する情報を集約しているサイト「千葉市認知症ナビ」を公開しています。私は以前、認知症サポーター養成講座を受講し「オレンジリング」をいただきましたが、このサイトで『認知症サポーターステップアップ講座』なるものがあることを見つけました。受講後チームオレンジの一員としてボランティア活動が可能な人がこの講座を受講できるそうです。

千葉市では認知症になっても安心して暮らせる街を目指します、とあります。できれば認知症の方の近くにいる人たちも、安心して暮らせる街でもあって欲しいです。

認知症…なのかな?「知人」ならどうしますか?

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

2025年65歳以上の5人に1人は認知症になると言われています。この2025年は団塊世代が75歳以上になるので、高齢者の中でも後期高齢者が増えるからです。

日中スーパーへ行くと高齢者が増えたなぁと思います(そういう私もいずれその一人に加わります)。この中に数人は「認知症」の人がいるようになるのかと思うと、結構な割合だと思ってしまいます。

私も以前、出先でたまたま交番の前を歩いていた時に、見知らぬ高齢女性から「交番に誰もいないので困っている。私の家に知らない男の人たちが入ってくる。」と話しかけられてきたので、交番に書かれていた不在時緊急連絡先の電話番号を紙に書いて渡そうとしながらお話しを聞いていると、少し違和感を覚えたことがありました。「通りすがり」だったので、深く内容に立ち入ることはしませんでしたが、これは一例として、家族や親族でもなく「ちょっとした知り合い」だったり「ご近所の人」だった場合、皆さんはどうしますか?

さらに言えば、その人が、一人暮らしで子供がなく、どういった親せきがいるかもよくわからない…こういった時には……「地域包括支援センター」へ連絡!となると思うのです。

これが正論だと思いますが、「おせっかい」ぐらいでないと、なかなか知っている程度のおつきあいの人を「認知症の疑いがあります」と連絡するのは抵抗があります。恐らくご本人も「少しおかしい」とは思いつつも「認知症」だとは思っていないでしょう。

高齢者5人に1人の認知症、ご近所関係も希薄になっている現在。「周りの人の気づき」に頼るだけでなく、ご自分でも民生委員や地域包括支援センターの人と連絡を取り合うようにする、見守りなどの第三者へお願いするなど、対策をしてもらいたい、というのが本心です。

ちなみにみなさんは千葉市が行っている「どこシル伝言板」はご存じでしょうか。これは衣類や持ち物に貼るシールやラベルなのですよ。次回ご紹介致します。

おひとり様の終活

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

先週、一般社団千葉楽生会発足記念セミナーとして『おひとり様の終活』についてお話しさせていただきました。包括支援センター(千葉市の場合は「あんしんケアセンター」といいます)の職員の方も聞きにきてくださり、終わった後は千葉楽生会の業務内容をお伝えできただけでなく、おひとり様高齢者の終活についての現状を教えていただけました。

感想は「やはり…」といったところです。

何が「やはり…」かというと、高齢者の方は、ご自分は「まだ大丈夫」「元気だ」と思っているので、「いずれ考える」と先延ばしにされている方が多いとか。

私のところにも、ご相談に来られるけど「もう少ししたら行動します」という方が多いのです。「もう少し」とはいつなのでしょう。

確かに最近の「高齢者」は見た目も若く元気ですが、でも「高齢者」です。身体(脳や臓器)はそれなりに老化しています。

他にも、千葉楽生会が行っている見守り~死後事務までお願いしたいが、誰にお願いしてよいのか迷っている、という方もいるそうです。「インターネットで簡単に検索」は難しいですよね。

セミナーなど周知活動を多くして、『千葉楽生会』が一人でも多くの方に知っていただけるよう努めます。

知りたい方は、ぜひご連絡下さい。

一社)千葉楽生会  TEL:043-290-6505 (月~金曜日 9:00~18:00)