「遺影」写真→「おもいで写眞」

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

「遺影」写真は準備していますか?これを準備しているという方は、他の終活準備もおおかた出来ているのでしょう。

お葬式で故人がぼやけている「遺影」写真を見たことがある人もいると思いますが、多くの人は「遺影」写真を準備していません。そうなると慌てて用意したものは、集合写真に写っている故人のお顔を複写して引き伸ばしたもの。それでぼやけてしまうのです。

実は私、この「遺影」写真に抵抗がありまして…古いお屋敷の長押に、ずらっと先祖代々の写真が並べられていて、写真は白黒で背景は無色や一色。ほとんどがぼやけていて、そこだけ周りとは違う異質な空間。これは、あくまで個人的なイメージです(#^^#)

坂本龍馬の写真が有名ですが、そもそも日本での「写真」の歴史は思う程古くからのものではないので、いつからお葬式に飾られるようになったのでしょう。それに今は核家族化が進み、誰も住まない「空き家」に、「遺影」写真が飾られても見てくれる人がいないのなら、ない方がいい。お葬式に写真がないと「形」にならないからかな…と思う程度だったのですが。

そう思っていた中、先日「おもいで写眞」という映画を観ました。「遺影」写真に抵抗がある人たちが、自分の「おもいで」のある場所であったり、であったり。そういうものに囲まれて写した写真。その人の歴史の一部を見ることができて、とても自然。もちろんピントもあってます。「写真」にこだわるならこちらの方が、ずっといい!

私の「おもいで」として一緒に写したいものは…今はまだ(;_:) 家族と一緒がいいかな…これじゃあ誰の葬式か分からない。

「写真」が要らないなら要らないと、伝えておかなければぼやけた写真か若い頃の写真になってしまいます。

遺言書の検認手続き…の大変さの紹介

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

前回「自筆証書遺言(法務局で保管されていたものを除く)や秘密証書遺言は、相続開始後、検認手続きが必要です」と書きました。

これは、相続開始後のことなので、手続きをするのは遺言を書いた本人ではなく、遺言書の保管者や発見した相続人がします。遺言があっても、検認がされていない遺言では、これを元に不動産の名義変更や銀行口座の解約手続きは、受け付けてもらえません。(しつこいですが自筆証書遺言(法務局で保管されていたものを除く)や秘密証書遺言のことですよ)

遺言書の検認は、検認の日における遺言書の内容を明確にして、今後偽造や変造をされないようにするためのものなので、遺言書が法律的に無効か有効かの判断をするものではありません。又、封印のある遺言書を家庭裁判所の検認手続き前に開封をしてしまった場合、5万円以下の過料に処する、と民法にあります。

申し立ては、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所となります。

申立書類も、申立書のほか、遺言者の出生~亡くなった時までの戸籍謄本全部と相続人全員の戸籍謄本。相続人が親である場合や兄弟である場合は、さらに添付する戸籍謄本が増えていきます。

又、申立をしたその日に検認をしてくれるのではなく、後日、裁判所から検認をする日の通知がきます。検認日に遺言書を持参し、裁判官が、出席した相続人等の前で(封印がしてあれば開封)し、検認します。

それで、終わりではなく、遺言の執行をするためには,遺言書に検認済証明書が付いていることが必要となるので,検認済証明書の申請をして下さい。

自筆証書遺言(法務局で保管されていたものを除く)や秘密証書遺言は、すぐに遺言にのっとった手続きができない上に、書類を揃えて、裁判所へ行かなければならないのです。

遺言を書く方は、気軽(?)に書けても、手続きをする方は大変ですよね。

「赤の他人であっても、どうしても内容を知られたくない」というわけではないのなら、公正証書遺言か法務局の保管制度を利用した自筆証書遺言を推しますよ。

作成してある自筆証書遺言

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

お子様のいないご夫婦で、ご自分にご兄弟がいらっしゃる場合、何もしなければ、すべての財産を配偶者へ相続させることは出来ないかもしれません。(相続人になったご兄弟が優しくて、「私たちは財産要らないよ」と言ってくれればいいのですが、みんながみんなそうとは限りませんし、期待するほうが悪いです。)

そこで、先を考えているご夫婦は、お互いに、自筆証書遺言を書いていらっしゃいます。

そのことはもちろん、お互いのことを案じていて、とても良いのですが、せっかくなら書いた自筆証書遺言を「法務局」へ預けましょう。

相続が開始した時に、「法務局」に保管されていない自筆証書遺言にのっとって不動産の名義変更や預貯金債権の解約の手続きをする前に、「家庭裁判所の検認手続き」が必要になります。

検認手続きをするのに、日数もかかりますし、必要書類の準備も必要です。これから何十年先の高齢になって、その手続きをするのは大変ではありませんか?

それなら、まだ動けるうちにご夫婦揃って、法務局に遺言書の保管申請をされてはいかがでしょうか。確かに、窓口に行って、申請書を書いたり、遺言書など必要書類が数点ありますが、こちらの方が、ずっと楽です。

もちろん相続が開始されたら、法務局に誰かが遺言書の確認しないと、自動で通知されるわけではないので、そこは気をつけて下さいね。

「一日」「家族」「一般」これらの後ろに付く文字は?

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

皆さんお分かりになりましたか(^^)/

答えは「葬」です。「一日葬」「家族葬」「一般葬」。昔と違ってお別れの仕方が色々あります。今は、コロナの影響で、お葬式を行わず火葬だけだったり、「一日葬」が増えてきているそうです。

以前葬儀社の見学会で父親と息子さんが言い争いをしている光景を見かけました。息子さんは、この場で、父親が希望する葬儀の生前予約をしてもらいたい、と一緒に連れてきたそうなのですが、父親の方は、そんな場所にいながら尚、息子に自分の葬儀について全部決めてもらいたいようでした。

ご自身の「死」を考えたくなかったのか、ご高齢のようだったので、考え決めることが面倒になっていたのか、わかりませんが、私からすれば、息子さんが気の毒になりました。

お盆やお正月に久しぶりに会うご家族で、このような話しをするのは、難しいのかもしれません。ただ、ご自身のことは、あらかじめご自身で決めておかないと、困るのは残されるご家族なのですよね。