千葉市の図書館でも電子書籍が利用できるように!

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

新型コロナで図書館でゆっくり読書したり調べものをしたりということで出来なくなっている人も多くなっていると思います。それにやはり色々な人が触れているという点でも気になるところです。

図書館で本を借りるには当然借りに行って、返しに行かなければなりません。近所にあればいいのですがそうそうない…。

図書館でも有料宅配サービスがあって、借りる時に電話やインターネットでも依頼できますし、返却も自分で宅配便を使い返すことが出来ます、が『有料』の字のとおりです。そりゃそうです。

この度、千葉市の図書館でも7月30日~(13時~)電子書籍を借りることが出来るようになりました。これでわざわざ行くこともなくなりますし、コロナの心配もなくなります。

24時間365日借りることが出来るのです!それに文字の大きさや音声で読み上げてくれるのですから便利です。ただし(私の知識不足が露呈してしまいますが)電子書籍といえども借りている人がいれば、予約して待たないといけません。

1人2冊まで。千葉市では、現在約7,600冊の本が利用できます。ただ、私が図書館でよく見かけていたのが高齢の人です。高齢の人こそ遠い図書館に行かなくても本が借りられるのだから喜ばれることですが、当然のことながら電子書籍なのでスマートホンやパソコン、タブレットが必要になります。インターネットでログインして利用します…馬鹿にするなと怒られそうですね。

映画「83歳のやさしいスパイ」…老人ホーム潜入調査

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

今月鑑賞した「83歳のやさしいスパイ」は、老人ホームへの潜入調査をアルバイトの面接で選ばれた83歳の男性が見事任務を遂行する映画です。

ターゲットは老人ホームに入居している女性、依頼者はターゲットの娘で、ターゲットなる母がホームで虐待を受けているのではないかとの調査が探偵事務所に入ります。潜入するのは、求人に応募した妻を亡くしたばかりの83歳セルヒオ。セルヒオは、新しいことへの挑戦にワクワクしながら無事ホームに潜入しました。

舞台は、まぶしい太陽と感情を素直に表現できる国のようで、私のイメージとしてある老人ホームとは少し違うのかな…なんて思っていましたが。

ここに出てくる老人ホームでも大半は女性で、新人で、話しを聞いてくれるセルヒオは人気者になります。しかしホーム内での盗難や外出して徘徊してしまう人など事件が起こります。

結末をばらしてしまうことになりますが、結局ホーム内では虐待はありませんでした。それどころかターゲットと依頼者は1年以上会っていないのです。セルヒオはこのホームで生活していくうちに入居者たちの孤独を知ります。ただ、この「孤独」は入居したからだけではないと思います。年を取ってくると周りから頼られたりすることは少なくなってきます。加えて身体的にも施設のルールによっても自由が制限されるようにもなります。

最後にセルヒオは調査を終えて、早くここから出たいと申し出ます。特に施設や入所者、職員に問題があるわけではなく、以前の退屈であった生活…目をつぶっていてもどこに何が置いてあるか覚えてしまうくらいのスーパー通いや毎週のように遊びに来る子供や孫たち)に戻りたいと退所します。

以前私介護施設を回ったり、介護職の人に色々話しを聞いたりする機会がありました。介護職の人、といっても色々な人がいて、仕事と割り切っている人もいれば、利用している人のために、と工夫したり考えたりする人もいました。施設についても、入所する前に調べておくことは必要なことです。資料の数字や文字だけを見ていたら「あれ?」と思うこともありました。

そして有料介護施設で働く人から言われた言葉「自宅で生活するように施設で生活して欲しい」とは…良くも悪くもいろいろな意味で受け取りました。

かなり変わったスパイ映画。上映している映画館が少ないのが残念。

市の集団接種会場…知っていますか?

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

前回千葉の大規模接種会場について書きましたが、県が設置している接種会場だけでなく、千葉市でも集団接種会場を設置しているのはご存じでしょうか?

こちらは私自身ニュースでも見ていないので、どうやって知ったのかも最後にお伝えします。

予約する電話番号も異なるので気をつけて下さい。

千葉県が設置する接種会場予約の電話0570-000-264

①千葉市会場(蘇我コミュニティセンター)予約受付期間6月21日~6月30日まで (接種実施期間は6月28日~7月10日まで)

②松戸市会場(松戸市文化ホール)予約受付期間6月15日~6月30日まで (接種実施期間は6月20日~7月10日まで)

千葉市が設置する接種会場予約の電話0120-57-8970

①千葉中央コミュニティセンター 

②イコアス千城台(NEW!) 開設日 毎週火曜日~日曜日

③花見川保健福祉センター(NEW!) 開設日 毎週土曜日および日曜日

あとは個別接種してくれる医療機関を探すことになりますが、最後に私が千葉市が設置する接種会場を知ったのは『あんしんケアセンター』です。

「灯台下暗し」とはこのことで、いつも「高齢者の総合相談窓口です」とセミナーでもお伝えしているのに、前回の周知する方法でここを外していたとは(^^;

大規模接種会場…高齢者への連絡は届いてる?

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

ニュースを見ていると東京の大規模接種会場は予約が埋まらず、若い人にも接種できるように対象者を広げるようですね。

しかし千葉にも高齢者へのワクチン接種券の配布・予約開始日以降設置された大規模接種会場があるのですが、あまりニュースで流れていないせいかご存じない高齢者もいます。

私たちスマホやPCで情報を知ることが出来る人はいいのですが、ネットでの予約が出来なかった人が多い高齢者に、どのようにこの会場を知ってもらうのか気になります。

千葉市在住の人で、実際この会場を知らなかった人に、お伝えしたのですが、その人はそれまで予約がとれず、やっととれたのが10月だったそうです。

64歳以下の人の接種はいつになるのでしょう。

初めてのことで、保健所や役所など実際に動いている人たちが頑張っているのは分かるので批判はしずらいのですが、決定権がある人は少し後手に回りすぎているのは否めません。

町内会の回覧板か広報無線放送か…打ちたい人が一日も早く打てるようになんとかできないものかしら…