「遺言の書き方教室」「お葬式について」セミナー情報

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

緊急事態宣言が解除されて大阪では1カ月半後に感染者が1000人を超えてしまいました★東京都も3月22日に緊急事態宣言が解除されましたが、4月12日には「蔓延防止等重点措置」が適用されるほど、感染者が増加しています。感染しやすい変異型のせいですが、ここ千葉県も20日~「蔓防」の適用になるようです。

このような時ですから、ご自分の人生について考え、決めていくといいと思います。こじつけかもしれませんが、家にいてテレビを見ているより、ずっと気分がスッキリします。

「やさしい遺言の書き方教室」はお陰様で好評のうちに終わりました。しかしこんなに好評ならと…6月から月一開催を考えてます(#^^#)日にちが決まりましたらお伝えします。

「お葬式について」は、今月16日(明日)の稲毛美浜楽生会(高洲コミュニティセンター、11時~)でお話しします。この稲毛美浜楽生会で「お葬式」について勉強した後、葬儀社への見学を予定しています。皆さんご自分の終活、きちんと取り組まれています。

この稲毛美浜楽生会も4カ月ぶりです。地域の方との『コミュニティ』があることがうれしいです。

認知症の親の預金が引き出せる?!

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

少し前のお話しになりますが、2月中旬に、全国銀行協会から、認知症患者の預金引き出しについて銀行側の対応について指針が出されました。

預金者本人の意思確認ができなければ、親族でも引き出せないのが一般的です。どうしても引き出したいのであれば後見人をたてるように言われます。今回の発表では、医療費や施設入居費に充てるなど「本人の利益に適合することが明らかな場合」に限り(限定的)、代理権がない親族でも引き出しを認めるよう加盟する銀行に対応を促すということです。

とはいえ、本人の判断能力が低下あるいは判断能力がないことを銀行側が確認することになるので、時間がかかるか、やはり「後見人を…」と言われるかもしれません。

施設入所金のために認知症の親の口座を解約するたった一回のことであっても、一度後見人をたてると、本人が回復するか、亡くなるまで後見人がつくのです。「後見人」には報酬を払うことになる、「後見人」になった知らない人が財産の管理をする等、認知症の人の人生を変えてしまうかもしれない大ごとですよ。銀行側の防衛策だから、と言われれば、あらかじめ手を打たなかったのが残念だった、としか言えません。

しかしこの発表、知っていて損ではないですよ。

おひとり様とペット

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

私は犬を飼っています。

だからよ~くわかります。ペットがいる生活がどんなに楽しくて、温かくて、いてくれるだけで癒される、本当にかわいい存在であるかを。

しかし、おひとり様の見守りをしていると、時々心配なことがおこります。

それは突然の入院です。

室内でペットを飼っているとなると、誰かに鍵を預けなければなりません。入院する時に預けることが出来ればいいのですが、そうでなければ散歩に連れていけないだけでなく、エサや水をあげることもできません。ペットの命の危機です。

新型コロナ感染で入院された方がいました。当然鍵を受け取ることはできません。この方はペットを飼っていましたが、外で飼われていたので、無事ペットにごはんをあげることができました。

鍵を預けられるほど信頼できる人がいればいいのですが、やはりペットホテルという選択肢があったほうが安心です。安心というのは、鍵を預ける方もさることながら、預かる方も、何か無くなったと勘違いされた時に、変に疑われる心配がない、ということです。ペットホテルに預けると、ペットにストレスを与えるから預けられないという方もいると思いますが、一人暮らしであれば「かかりつけ医」ならぬ「行きつけのペットホテル」が必要だと思います。

高齢のおひとり様はペットを飼わない、という気持ちも必要です。いえ、高齢でなくても、一人暮らしであればどなたでもリスクはありますね。ペットを巻き込むようなことはしないで下さい。

映画「痛くない死に方」在宅医療について

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

現在、京成線千葉中央駅から歩いて7分のところにある『千葉劇場』で,映画「痛くない死に方」が上映されています。という私も「興味深い映画があるよ」と聞いて観に行ったのですが、良かった…いや、少し怖かった。

終末期でもセカンドオピニオンってやるべきなのだろうか、と映画を観て考えてしまいました(見ていないと意味不明ですね)。末期がんの父親に穏やかな最期をと願って在宅を選択したにもかかわらず、その父親が苦しんで苦しんで亡くなったのは、がんが原因ではなく、何とか(?)肺気腫だったと思う、と医師から謝罪されるのですが、…泣くに泣けないです。(その医師も、途中からとてもいい在宅医になりました)

「終末期を家で過ごすか、病院で過ごすか…」それは皆さん、住み慣れた家で最期を迎えたい、というのが本心ですよね。それを思いとどませるのが「家族に迷惑をかけられない」という気持ちが強いから。他にも「死」が怖いから近くに医師や看護師がいてくれた方が心強いから、というのもあるかもしれません。

私の祖母も、ほんの数カ月ですが、終末期を自宅で過ごしました。私は「人の最期の過程」を知りませんでした。なのでどうすることがいいことなのか分かりませんでしたが、一つ言えるのは祖母は最後まで管につながれることもなく、会話をすることも、口から食べることもできました。いつも家族の誰かと一緒にいて、とても穏やかでした。

映画でもでてきましたが、リビングウィル(尊厳死宣言)は、やはりとてもとても大切なことです。

この映画が上映されている映画館は、千葉県では「千葉劇場」だけになっています。お近くの方にはお勧めします。