相続手続き②

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします見守り隊の礒貝です。

今回は「死亡届」についてです。

前回、「死亡届」の写真をつけました。あの用紙は、通常は病院にありますので、右側の「死亡診断書(死体検案書)」を医師が書いて、受け取ります。(葬儀社さんもお持ちだと思いますが、無ければ役所へもらいに行きます)

「死亡届」についてだけ書こうと思ったのですが、右側の「死亡診断書(死体検案書)」について、、千葉市のホームページに、「死亡診断書又は死体検案書は医師が作成しなければなりません。医師が遺漏している箇所がある場合もあるのでご注意ください。」と書かれてあったので、まずそちらからにします

遺漏や誤記がないか確認しましょう…といってもそうそう死亡診断書は、目にするものでもないし、受け取る方もそんなに落ち着いていないとは思うのですが。

続けて千葉市のホームページを見ると、「死亡診断書」なのか「死体検案書」として提出するのか、必ず証明者(書いた医師)が不要な表題を抹消していることを確認してください、と書いてありました。

さらに、死亡者の氏名、生年月日、性別、これらは特に重要なので、誤記がないように、とのことです。

死亡したところの種別(病院なのか施設なのか自宅なのか)や死因の種類のチェックも抜けていることがあるそうです。そして、診断(検案)年月日や発行年月日が、死亡日より前の日付になってしまっている場合もあります…ってあるのですかね!?

最後の欄には、必ず病院名と病院の所在地、医師の氏名と押印があることを確認してください、とのことでした。葬儀社さんがいれば、葬儀社の方が役所に提出してくれるサービスもあるので、その場で確認していただけますね。

では「死亡届」についてです。

右側は医師が記入致しますが、左側は自分たちで書かなくてはいけません。

亡くなった人の氏名、生年月日、性別、死亡したとき・ところ、住所、本籍、配偶者の有無、死亡したときの世帯のおもな仕事と、死亡した人の職業(国勢調査の年であれば記入)、届出人について書きます。

この届出人は、誰でもいいわけではなく、決まっています。同居の親族、その他の同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人…ここまでは届け出義務のある人です。さらに届け出る資格がある人がいます。同居していない親族、後見人、保佐人、補助人、任意後見人、この他に任意後見受任者も新たに加わりました。

提出する際には、届出人の印鑑を持参する必要があります。

最後に注意することは、役所で「住民票の写し」のように、発行してもらう理由を書いて申請すれば、「はい、どうぞ」というわけにいかず、「死亡届の写し」を発行してもらう理由というのは、かなり限定的な場合だけですので、「死亡届」を提出する際にはコピーを取っておかれるのがいいと思います。葬儀社さんが取って渡してくれるところも多いです。

必要になってくるのは、保険会社へ保険金の請求の時などですが、コピーを取っていなかったとしても、除籍謄本や、再度、病院に死亡証明書を書いてもらえばいいのです。ただし、コピー代よりお金がかかります(#^^#)

相続手続き①

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします見守り隊の礒貝です。

相続は、死亡によって開始する(民法882条)

では、人がお亡くなりになって最初にしなければならないことは…亡くなった場所や状況によって変わってきます。

まず、病院で亡くなった場合は、病院からご遺体の搬送を言われますので、葬儀社やお付き合いのあるお寺へ連絡。併せて、お医者さんから「死亡診断書(死亡検案書)」をもらいます。

ご自宅で亡くなった場合は、かかりつけ医がいれば、そちらへ連絡します。そして、「死亡診断書(死亡検案書)」を書いていただき、葬儀社やお付き合いのあるお寺への連絡になります。ただし、病院の診察だけで、家への往診やいざという時にも来てもらえるのかは、確認しておかないといけません。

ただ、ご自宅で亡くなったとしても、かかりつけ医がいない場合は、救急車を呼ぶことになります。(救急車に連絡するのは、様子がおかしい、という時で、亡くなった!と確信してから救急車は呼ばないのではないかと思います。もし、持病がある、余命を伝えられている場合は、かかりつけ医を見つけておいたほうがいいです。)
救急隊員が到着した時に、既に亡くなっていたら、警察に連絡されます。その場合は、「死亡診断書(死亡検案書)」ではなく、「死亡診断書(死亡検案書)」を書いていただきます。

お気づきかと思いますが、用紙は同じものになります。ご参考までに、下に写真をつけました。

自宅で亡くなっていたとしても、上記のように、ご家族がいた場合や、異変にすぐに気づけばよいのですが、いわゆる「孤独死」や、亡くなってからしばらく時がたってしまっている場合は、警察を呼ぶことになります。とりあえず、警察の手続きが終わるのを待ちましょう。

そもそも人が亡くなった時に、立ち会ったら、平常心ではいられないというのが、正直なところです。「(往診してくれる)かかりつけ医」や「お付き合いのあるお寺」若しくは「葬儀社」は、前もって決まっているに越したことはありません。

それと、親族にも連絡はしますね。

下にある写真が、「死亡診断書(死亡検案書)」になります。(写真が見にくいので(^^;)よ~く見ていただくと、用紙の右側が「死亡診断書(死亡検案書)」で、左側が「死亡届」になっています。次回は、「死亡届」についてです。

「ZOOM」でのご相談はじめました!

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします見守り隊の礒貝です。

いよいよ「いそがい行政書士事務所」でも「ZOOM」を使ってご相談をうけるように致しました。

「自分は機械オンチだからやめておこう…」と今まで逃げておりましたが、緊急事態宣言も延びそうですし、そのような中、無理にご自宅へ伺うのも気が引けます。

その点、「ZOOM」でしたら、ご自宅にいながらお互いが顔を見てお話しが出来ます。また、外に出ることもないので、安心です。

スマートフォンやパソコンにアプリをインストールしていただきますが、やり方はご説明いたしますので、安心してください。

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。