Go to トラベル給付金は、課税対象

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

新型コロナの陽性者数の増加も気になりますが、重症者数が日々「過去最高」を更新しているのを見ると心配になります。眼鏡が曇りやすい時期ですが、最低限、マスクはしないと危険ですね。

「Go to トラベル」で給付金…安く行かれるようになってますよね?!

私、最近知ったのですが、あの「給付金」って、課税対象の「一時所得」扱いになるんですって!皆さんはご存じでした?

ただ、一瞬驚いたものの、一時所得には、50万円の特別控除があるので、50万円を超えていなければ心配することもなさそうです。

一時所得には、懸賞金や競馬の馬券が当たった~などもあり、これらを合算して、50万円、ということです。

7月22日から始まった「Go to トラベル」。

そもそも50万円の給付金を受けるほど利用した人っているのかしら?(私目線だと、いないです (^^)/~~~)

固定電話…かかってくる人

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

家の電話が久しぶりに鳴りました。「珍しい~」と思いましたが、よくよく考えてみると、家にかかってくる電話は、義理の母や「不用品買取」や「リフォーム」の営業電話…ぐらいです(^^;

一人に一台、携帯電話の時代です。家の固定電話を利用するのは、携帯電話を持たない人…だけではないかもしれませんが…。今は、学校の連絡網もないと聞きます。とはいえ、まだまだ固定電話を置いてある家庭も多くあります。

固定電話を引いたときに「電話加入権」というものに、お金を支払ったと思います。今、多く利用されている、「ひかり電話」では、「電話加入権」は必要ありません。「電話加入権」を持っている人が、「ひかり電話」に切り替えた時に、この「電話加入権」は「利用休止」にできるのですが、気を付けなければならないのは「時効」です。「利用休止」にしてから、5年ごとに契約が更新されるのですが、更新手続きをしないで、さらに5年放置してしまうと「電話加入権」は消滅してしまいます。せっかくお金を払ったのにです。

ちなみに、この「電話加入権」も立派な相続財産になりますよ。

話しを最初に戻すと、家に久しぶりにかかってきた電話は、間違い電話でした。

そういえば「オレオレ詐欺」も固定電話にかかってくるのかしら…くれぐれもすぐには出ないで、常に「留守番電話」状態にしておいてくださいね。

日本人の死因3位…老衰

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

厚生労働省がだした「平成30年(2018年)人口動態統計月報年計(概数)の概況」の中に、主な死因の構成割合が書かれていて、1位は「悪性新生物(腫瘍)」、2位は「心疾患」、では3位は…「老衰」でした。

ただそもそも「老衰」って何?と思って調べると…

「老衰」…加齢によって心身が衰えること、ということで、いくつだったら「老衰」ということではないようです。なので70代でも「老衰」が死因になるそうです。

今は、医療が発達しているので、多少臓器がおかしくなっても生きることはできますが、とはいえ、臓器の寿命というものもありますよね。

「老衰」という死亡原因があることはわかりましたが、例えば、自宅で看取る覚悟ができたとはいえ、死期が近づいてきた時に、周りの家族は、人が朽ちていく過程というものを知らないので、ついつい少しでも長く生きて欲しいと思ってしまうでしょう。

現に私も祖母が亡くなる数週間の間に、少しでも多く食べてもらいたいとか、栄養のある物を用意したりなど、自然の流れと逆行するような行動をとってしまいました。

昔と違って、今は「死」と向き合う機会がありませんよね。後になって気づくとは…。

ただ、わかったからと言って、すんなり受け入れて見守るだけ、というのもかなり難しい気がします。

コロナ禍でも介護施設への入所はできます

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

今年も気づけば12月。流行語大賞も発表され、今年は「3密」が年間大賞に選ばれました。今年は「コロナ」で始まり「コロナ」で終わる(コロナの終わりがいつなのかは、まだわかりませんが)。

コロナに感染してしまうと高齢者や持病のある人は、重症化しやすいと言われています。なので高齢者施設でクラスターが発生してしまうのは、誰もが危険だ、ということはわかります。

ただ、ご自分や家族の介助で、自宅で生活できていた人も、この時期であっても「施設入所」が必要になる場合もあります。

当然、施設側では、対策なしに両手を広げて「ウェルカム」とは言えませんし、その前段階の「見学はいつでもどうぞ」とも言えません。

でも大丈夫です。「空室」があれば入所することはできます。

今までと違うことは、入所の準備として、コロナ対策をきちんとする必要があります。PCR検査やPCR検査に代わる胸部CT検査等、今までにない検査が必要にはなります。又、一度入所されると、ご家族との面会も制限されてしまいます。

とはいえ、ご家族もコロナ禍で普段以上にストレスを抱えての介護は、本人や家族、どちらにとっても辛いです。この時期でも施設では受け入れてくれてます。