映画「痛くない死に方」在宅医療について

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

現在、京成線千葉中央駅から歩いて7分のところにある『千葉劇場』で,映画「痛くない死に方」が上映されています。という私も「興味深い映画があるよ」と聞いて観に行ったのですが、良かった…いや、少し怖かった。

終末期でもセカンドオピニオンってやるべきなのだろうか、と映画を観て考えてしまいました(見ていないと意味不明ですね)。末期がんの父親に穏やかな最期をと願って在宅を選択したにもかかわらず、その父親が苦しんで苦しんで亡くなったのは、がんが原因ではなく、何とか(?)肺気腫だったと思う、と医師から謝罪されるのですが、…泣くに泣けないです。(その医師も、途中からとてもいい在宅医になりました)

「終末期を家で過ごすか、病院で過ごすか…」それは皆さん、住み慣れた家で最期を迎えたい、というのが本心ですよね。それを思いとどませるのが「家族に迷惑をかけられない」という気持ちが強いから。他にも「死」が怖いから近くに医師や看護師がいてくれた方が心強いから、というのもあるかもしれません。

私の祖母も、ほんの数カ月ですが、終末期を自宅で過ごしました。私は「人の最期の過程」を知りませんでした。なのでどうすることがいいことなのか分かりませんでしたが、一つ言えるのは祖母は最後まで管につながれることもなく、会話をすることも、口から食べることもできました。いつも家族の誰かと一緒にいて、とても穏やかでした。

映画でもでてきましたが、リビングウィル(尊厳死宣言)は、やはりとてもとても大切なことです。

この映画が上映されている映画館は、千葉県では「千葉劇場」だけになっています。お近くの方にはお勧めします。

遺言に書く…特別受益の持ち戻しの免除

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

今回は「特別受益の持ち戻しの免除」についてです。

まず「特別受益」とは、相続人が、被相続人から遺贈を受けたり、婚姻や養子縁組をしたとき、又は生計の資本として贈与された利益のことです。

相続人全員が被相続人から同じ額を贈与されていれば皆さん納得ですが、相続人の中特別受益を得た相続人そうでない相続人がいるのでは不公平ですよね。

そこで、被相続人の相続開始時の財産の価額に、その贈与の価額を加えることを「特別受益の持ち戻し」になります。

例えば、相続開始時の財産が3,000万円であった場合に、相続人が子供が2人だけであれば、半分の1,500万円ずつ分けることになりますが、もし、1人の子供が家を購入する時に1,000万円贈与してもらっていた場合、相続開始時の財産3,000万円に贈与分1,000万円を足した4,000万円になります。この4,000万円を2人で分けると1人2,000万円になります。

でも実際にあるのは3,000万円です。贈与されなかった子供は2,000万円、すでに贈与で1,000万円もらっていた子供は2,000万円-1,000万円(贈与額)で1,000万円を相続することになります。

これを被相続人が『遺言』で(相続財産に1,000万円加えなくていい)免除することができるのです。これが「特別受益の持ち戻しの免除」です。

また今回の民法改正で、婚姻期間が20年以上の夫婦の一方が、その一方に対し、居住用の不動産(建物又はその敷地)につき遺贈や贈与した時は、「特別受益の持ち戻しの免除」の意思表示をしたものと推定されます。

そもそも自分の相続人になる人たちが、仲がよくないとわかっているなら『遺言』を作っておくのは大事なことです。

遺言に書く…推定相続人の廃除

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

前々回「遺言」に書くことで法的効力を生じる事項を紹介しました。この中には、普段聞き慣れない言葉もあると思いますので、説明をしていきます。

まず「推定相続人の廃除」についてです。

ここで気を付けておくことは、廃除することができるのは遺留分を有する推定相続人です。遺留分を有する推定相続人とは、兄弟姉妹以外の相続人なので、配偶者になります。

兄弟姉妹が推定相続人の場合に、財産を渡したくないのであれば、「遺言」に兄弟姉妹以外に財産を遺贈するように書けばいいのです。繰り返しになりますが兄弟姉妹には遺留分がないので、遺留分による請求をすることはできません。

遺留分を有する推定相続人であれば、簡単に相続人から廃除することができるのかというと、そうではなく相当の理由が必要です。被相続人に対して(自分に対して)虐待をし、若しくは重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときです。

推定相続人の廃除」は「家庭裁判所」に請求する必要があります。生きている時にご自分で請求することもできます。「遺言」で廃除する場合は、当の本人が亡くなっているので、遺言執行人が家庭裁判所に請求することになります。

生前「推定相続人の廃除」をしていた場合に、「遺言」で「廃除の取消し」をすることができるので、この場合も遺言執行人が家庭裁判所に「廃除の取消し」の請求をすることになります。

相続人から廃除する、ことはとても重大なことなので、家庭裁判所に請求するには、廃除する理由を証明する資料が必要です。

再延長…

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

2月2日緊急事態宣言が延長され、更に今回3月5日に一都三県が21日まで再延長との発表がありました。私がいる千葉県も東京都並みの新規感染者が連日出ているので諦めてはいましたが残念です★

皆さんは自粛疲れしていませんか?私も今回のコロナによる自粛がきっかけで、新たに始めたことがある一方でやめたこと、出来なかったことが多くあります。私事なら大したことはありませんが、卒業旅行や成人式で我慢を強いられたり、解雇や新規採用を止められた若い人たちは不憫としか言いようがありません。

これからの準備のための期間…若い人たちはもちろん、私達中高年も、何か明るい未来や期待できる将来を感じることができれば…。今回の延長で劇的に感染者がいなくなることを願います。