海洋散骨

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

「おひとり様」で火葬後の遺骨について、人気があるのが「海洋散骨」です。「この世に何も残さなくてもいい」「お墓を作っても誰もお参りに来ない」「土の中ではなく、きれいな海に撒いて欲しい」…どの理由にも納得してしまいます。

ただ「おひとり様」と言っても、「本当に身寄りがいない方」というわけではありません。疎遠となっている兄弟(姉妹)や甥姪がいる人が一般的です。

当然、散骨してしまうと、何も残らなくなります。ですので、ここは散骨を依頼される人は気を付けなければいけません。

「本人の遺骨だし、本人の希望だから」ではなく、やはり残される人の意見も聞かなくてはいけません。

私のごく近い身内にも「きれいな海へ散骨して欲しい」と言っている人がいます。お墓という土の中に埋葬したからといって、その人に会えるわけではありませんので、遺骨を海にまこうが、山にまこうが、宇宙に飛ばそうが、どれでも構わないような気がするのですが、なんでしょう、本当にいなくなってしまった、という気持ちになるのではないかと踏み切れないような気がします。

その人が普段身に付けていたアクセサリーのような「物」ではなく、姿がなく遺骨となっても、それが「その人」ということなのでしょうか。考え方は人それぞれですね。

私はお墓の中ではなく、海でもないところを希望しています。どこでしょう(#^^#)

一社)千葉楽生会発足記念セミナー

「おひとり様」の見守り~亡くなった後のお手続きまでまるごとサポートします、千葉市稲毛の見守り隊、行政書士の礒貝です。

今月、一社)千葉楽生会発足記念セミナーとして「おひとり様の終活」~65歳以上のおひとり様がやっておかなければいけない「生前準備」について~ 私、行政書士の礒貝がお話し致します。

今まで行政書士としてお話しをする機会がある時、チラシには「行政書士」と書いていたのですが、今回は「行政書士」という肩書ははいっていません。

普段は「なんでも屋さん」的に思われてしまう「行政書士」ですが、国家資格であります。今回のようにチラシに肩書をいれるといれないとでは、聞いてみようかなと思う気持ちも変わってくるだろうと、ここにきて心配になりました。

「なんでも屋さん」と思われていても、それぞれ行政書士には専門分野、得意分野があります。私の専門分野ですので多くの方に聞いていただきたいと思っています。場所は千葉駅から歩8分の生涯学習センターです。ぜひお越し下さい。